伝統工芸の規模や種類、伝統工芸品が多いのはどの地域

伝統産業の規模

伝統産業の総企業数は、約25,400社多いのか少ないのか
微妙ですが、日本全国である特定の地域で一つの伝統工芸品を作っている企業が集まっている
産地が日本国内では1237箇所あります。
○○産地とみた各産地の割合は、10企業未満が70%を超えており
次に20~100企業未満10~20企業未満100~500企業未満、500企業以上となっております。
500企業以上が集まっている産地は全体の0.4%です。

伝統工芸品に従事している人の総従業員数

伝統工芸品産業で働いている人は約14万人で産地平均では110人です。
段々と数は減ってきている状態です。

伝統工芸品はどのくらいの生産額があるのか

各地の総生産額は7950億円で5000万円未満が44%で次に5000万~5億未満が31%、5億~20億円未満が13.5%
20億~100億は9.4%となってます。
100億円以上が2.0%以上いるのがとても驚きですよね。
1人当たり約567万の売り上げのようです。

伝統工芸品の種類について

沢山の織物や工芸品、焼き物など旅行に行く楽しさを増やす伝統工芸
各産地の作られている種類はどのくらいあるのでしょうか?
こちらは各産地に作られている伝統工芸品の総数は約1200品目とのことです。
品目数で多いのは木工・竹工品と人形・こけしです。
ただ規模自体は少なく全体的に分散しているようです。
働く人が多いのは織物、陶磁器が多いようです。
なんとなくイメージがつきますね。

伝統工芸品が多いのはどの地方なのか

伝統芸品の多い地域は、関東・近畿が多いです。
理由は江戸や京都など権力者のおひざ元で文化の発生する下地があるのが
わかりやすいと思います。
九州地域も多くこれは、朝鮮半島や中国大陸から大陸の文化や先進技術が九州を経て
伝えられたのが原因と思われます。
東北などは、種類としては素朴な物が多く農作業などが支えているのだと思われます。

伝統工芸品の産地は地元の人との協力と作り手である職人と二人三脚でつくってきて
伝統工芸は地域と共に発展・進化してきたいと思います。