北海道の伝統産業・物産:筋子とは


鮭(さけ)科魚類の、卵巣に入った状態の卵をいいます。
よく言われるイクラと筋子の違いは、筋子は、卵巣の一部分をさしており、
イクラは1粒単位と言われてます。

その名の通り、卵巣膜が筋のような状態でその膜よって状態の筋子をほぐしばらばらにしたものをばら子といいます。

一般的にスーパーなどではほぐした状態のいくらが売られていることのほうは多く
雄のものが多いですが、成熟の進み具合やサイズ、身色違いなどによって価値が変わってきます
ばらす前のものを一般的は筋子と呼ばれるが、流通しはほとんどが塩蔵加工品で、筋子と言うと特別な指定をしなければ塩蔵加工品のことをさしており、未加工の筋子のことを生筋子もしくは、腹子と呼んで区別をしています。

日本では鮭の流通が盛んな北海道や東北地方でよく取られ、おにぎりの具材として
今もよく食べられています

北海道の伝統産業・物産:筋子の食べ方

火を通すことは稀で、塩漬けにするか、加工していくらとして食べるか、
この他にも粕漬け、醤油漬けなども作られて食されています。
いずれにしても生べるものが多いです。

ある程度成熟した物は加工されいくらとして利用されます。
筋も柔らかいく好まれることも多いです。

なお、筋子の皮は消化されにく、アレなりやすいたんぱく質なので注意が必要である。
鮭の種類に応じて鮭子(サケコ)、紅子(ベニコ)、銀子(ギンコ)、鱒子(マスコ)と名前がかわります。

また、イクラと筋子のどちらがおいしいとの話ですが
好みはわかれると思いますが、
お酒を飲まれる方は、筋子の方が好きだという方が多いです
お酒の消費量が多い東北の方が好かれる理由がわかりますね。

また、気になる旬ですが生筋子が出回るのは、9~11月です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いくら醤油漬け【200g】送料別
価格:2399円(税込、送料別) (2017/1/25時点)