新潟県・山形県の伝統工芸:羽越しな布(うえつしなふ)

羽越しな布は日本最古の古代布の一つとも言われている織物で、
現在も山形県と新潟県岡市で生産されています。
羽越しな布(うえつしなふ)という名称は、山形県庄内地方の羽前の国、新潟県は越後の国のこの二つの頭文字をとり羽越しな布と呼ぶようになったようです。

日本では古代の昔から楮(こうぞ)や楡、苧麻(ちょま)などといった植物から繊維を取り出して使って布を織ることをしてきました。
羽越しな布はそういった古代から作り続けられている布の一つで、科(しな)の木などの木を使用しています。

新潟県・山形県の伝統工芸:羽越しな布の工程

2016y08m14d_231433644
その製造工程は大変複雑で22の工程に分かれており、全てはしなの木から皮を剥ぐことから始まり
煮たり洗ったり裂いたりと多くの作業を経てやっと糸を作り出すと、今度はそれを手作業を行い皮を剥いでから布として織りあがるまでには1年という時間がかかるといわれており、こうした布は丈夫で水に強いという特徴を持っているため、バッグや財布、ポーチといった小物から、帽子、のれんといったもの人々の生活に溶け込んでいます。
羽越しな布は昔から豪雪地帯であったこの地方で農閑期に生産する産物とされて言われていまして
昔から豪雪地帯で交通の便も悪かったこの地では、厳しい自然環境だからこその団結力こそが長い時間を経ても羽越しな布を今に伝える原動力となったといわれています。

新潟県・山形県の伝統工芸:羽越しな布の指定まで

2016y08m14d_231110289
古代から伝えられているその伝統の技術と、素朴ながらもしっかりとした品質が認められ平成17年9月に「羽越しな布」が経済産業省の「伝統的工芸品」に指定を受けました。
http://shinafu.jp/
羽越しな布振興協議会などの現在も伝統工芸を伝えて行こうという動きがありぜひ
上記のHPなど見てみてください。