愛知の伝統工芸:常滑焼(とこなめやき)


日本六古窯(瀬戸・常滑・丹波・信楽・越前・備前)の一つに数えられている常滑焼は、
平安時代末期ごろより作陶が行われ丘陵地に穴窯が築かれ、皿や壷、経塚壺(きょうづかつぼ)が作られていました。

この時代に作られていた焼物は素朴な中にも王朝文化の名残を感じさせる作品で、奥州平泉の遺跡群も大量につかわれていたことが判明しております。

室町時代になると窯が半地上式の大窯に改良され、大型の甕や壷が生産され全国に運ばれました。
そして、窯場所が旧常滑町周辺に集まり、集落に近接した丘陵斜面に築かれるようになりました。

そして、碗・皿類の生産は行わず、壺・甕・鉢の生産に特化して交易等に使われているようです。

江戸時代になると、茶道で使われるようになりました。
明治時代になって株仲間のような規制がなくなると新規に陶器生産に参入する家が増えていき
様々な試みがされました。

現在では花器、置物、園芸鉢、食器、タイル、衛生陶器など様々な製品が製作されています。

愛知の伝統工芸:常滑焼の特徴

常滑焼の特徴は、陶土にあります。原料に含まれた鉄分(ベニガラ(酸化鉄))により赤く発色した土肌を生かした製品、釉薬などが施され焼き製品が作られています。
成形はろくろ、押し型、手捻りで行われます。
常滑焼で最も有名なものは、無釉で焼き締めた赤い色をした朱泥(しゅでい)急須です。

しかし常滑焼はそんな急須だけではなく、工業用のタイルや土管、洗面器や便器、植木鉢といった建築製品、生活用品も多く作られています。
常滑焼は昭和51年6月2日に経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されました。

現在、常滑焼の作られる常滑市では、巨大な招き猫「とこにゃん」がお出迎えをしてくれます。


常滑市にある、常滑駅から常滑市陶磁器会館へ向かうための道路にあるとこなめ招き猫通りを通って
焼き物散歩道を通って常滑焼を楽しむのもお勧めです。

雰囲気がすごくいいです。
伝統工芸や陶磁器などに興味がある人は是非一度足を運んでみてください。
因みに、コースは2つあり、Aコースは1.5km(約60分)、Bコースは4km(約2時間30分)です。
陶磁器会館の駐車場に車をとめて散策しましょう。