愛知の伝統工芸:豊橋筆


豊橋筆は愛知県豊橋市近郊で主に作られている筆で、その用途のほとんどは書道用に用いられております。

愛知の伝統工芸:豊橋筆の歴史

豊橋筆が作り始められたのは江戸時代後期のこと。
当時、現在の豊橋市に当たる土地を治めていた藩主が、筆を作るために京都から京都の職人鈴木甚左衛門という職人を連れてきたことが最初のきっかけです。

よく、連れてきてその土地の交易品として作るイメージですが愛知の伝統工芸の豊橋筆は最初は
商売として筆を流通させるためではなく、藩のために筆を作る御用筆田匠(ごようふでし技術の定着と向上を目的としておりました。
そして、技術の向上をはかるのと同時に、下級武士も副業として筆を作るよう奨励したのがそもそもの豊橋での筆作りの始まりといわれます。
明治初期にはこれまでの作り方で作られていた芯巻筆に改良を加えることで、現在作ら作る製法で筆が作られるようになりました。

愛知の伝統工芸:豊橋筆の材料など

伝統的に使われている材料は、柄の部分に竹や木を使い、穂の部分には山羊、馬、狸が使われてきました。
昭和51年に伝統的工芸品として指定されている豊橋筆は、今でもほとんどがこれらの伝統工芸士の手によって手作りで作られています。
江戸時代に藩の奨励で定着した筆作りは、今でも盛んに行われており、その生産量は全国2位となっています。
特徴としては、豊橋筆は他の筆と比べて墨になじみやすいといわれており、滑るような書き味が書道家など筆の専門家から書き味や品質の良さについて高い評価を得ています。

滑るような書き味の極意は、特殊な技法「練り混ぜ」という技法で実現しております
穂の長さや太さ、毛の硬さや弾力の違いのある毛を使い分け、水を用いて混ぜ合わせるという組み合わせを行う技術です。
こちらは、
選別→毛もみ→寸切り→練り混ぜ→上毛(うわげ)かけ→仕上げ→刻銘(こくめい)という複雑な作業を全て伝統工芸士の手作業でおこなうという
丁寧な作業になってます。


そんな豊橋筆は書道用の筆から絵筆、化粧筆など、現在では生産されている筆の種類を使うことでこれらは比較的簡単に入手することができます。
コンピューターなどによって筆を使う機会は減りつつありますが、それでも小学生向けの筆作りの伝統技術を守る試みは今も盛んに行われています。