滋賀県の伝統工芸:滋賀組紐とは(しがくみひも)


滋賀県には焼き物をはじめ歴史ある伝統産業が豊富な地方ですが、組紐もそのひとつといえます。
組紐とは金銀糸を中心に使った組糸のことです。高台や綾竹台など数々の伝統的な組台を使い、じつに美しく繊細な紐にて知られています。

滋賀県の伝統工芸:滋賀組紐の歴史

 組紐の持つ歴史はなんと縄文時代までさかのぼりますが、滋賀県大津市を拠点として発展してきた滋賀伝統の組紐は江といわれています。

当時、京都へ向かう町人や武士たちの刀の下げ緒を修理したり印籠の紐を修繕したりするなかで組紐の技術が育ちました。
現在はおもに組紐というと帯締めや羽織紐に代表されますが、昔の用途は少し違ったわけです。
刀の下げ緒や、甲冑や馬具などの武具を中心に、お経の巻き物や袈裟の紐、武士の装束などに多く採用されました。
武士の命の刀をちゃんと縛る為きっと昔から大事に品質を守ってきたのだと思います。
 
しかし、明治維新をむかえると武家社会が崩壊をするとともに武家社会に栄えた紐の存在が自然と失われていきました。
そこで、時代の変化にあわせて具具から帯締め、羽織紐と広く庶民にも使われるようになったのです。

滋賀県内に伝わる組紐は適度な伸縮性に富んでおり、非常に締めやすいのが特徴です。
ちなみに、三重県の伊賀市発祥の組紐は国の伝統的工芸品に指定されています。


 伊賀で組紐がまた、盛り上がってきたのは、明治35年のことです。東京で修業を重ねた廣澤徳三郎が、組紐を故郷に持ち帰るまでには一つのドラマで
 上の動画ではその紹介をしています。
 和装の帯締めとして欠かすことのできない組紐ですが、現在では国内の6割以上の組紐が三重県の伊賀地方で作られてなかでも、「組紐工房 廣澤徳三郎商店」は、100年以上の歴史をもつ組紐工房として全国的に知られています。