福島県の伝統工芸:会津塗

会津塗は福島県会津若松市を中心とした地方で生産されている漆器で、その歴史は古遡ります。
豊臣秀吉が天下を治めていた時代、当時の会津藩主が産業として奨励したのが会津塗です。

福島県の伝統工芸:会津塗の歴史

もともとこの地には漆の木を植えることが奨励されていたため、漆には事欠かない土地柄器職人を呼び寄せ、
その技術を人々に広めたことにより、漆器がこの地方での一大産業へと成長しました。その後、京の蒔絵技術を取り入れることにより、
芸術的な価値も増した会津塗は、江戸許可を得て海外へ輸出されるまでに成長し、会津は漆器作りの町としてその名が全国に知られることとなりました。

福島県の伝統工芸:会津塗の現在

明治維新の際には戊辰戦争の影響を受け、一時衰退してしまいますが、明治時代中期のように漆器の一大生産地としての会津が復活しました。
会津塗生産の一番の特徴はその製造工程を職人が分業で行うところにあります。分業で作業するため、より高い品質を保持しながら効率よく漆器を生産することが可能な
その伝統の技術と品質の高さが認められて昭和50年に伝統的工芸品に指定されているな塗りの技法とその図案にあります。
「鉄錆塗」や「木地呂塗」といった様々な塗りは使う人を飽きさせることなく、今も人々に愛使われる縁起のいい図案は使う人の生活を彩り続けています。

紹介したサイトでも地元で、卓越した技能者を表彰するなど、
技能のある方の紹介と技能者の地位向上などを目的に
「会津若松市­技能功労者表彰制度」を設けてたりと継続した技術の継承に力を入れているようです。