茨城県の伝統工芸:結城紬(ゆうきつむぎ)


結城紬は、茨城県結城市周辺を中心に生産されている高級織物です。

日本における織物の歴史は大変古いものですが、結城紬はそんな織物の中でも我が国ています。
その発祥は奈良時代にまで遡り、始めは「あしぎぬ」と呼ばれる織物でした。

結城という名前は鎌倉時代にこの地域を治めていた結城氏の姓に由来しています。
鎌倉時代までは常陸紬と呼ばれていたものが結城氏のもとで反映したため、結城紬と呼ばれました。

細かい縞の柄を持つ男物の紬として発展した結城紬は、その落ち着いた風合いから江戸な人気で、全国にその名が知られるようになりました。

1800年代には絣の結城紬も製作されるようになり、新しい技術を取り入れることによっと進化していきました。
近代には職人達の努力により、技術の改良が行われ、更に上質な紬が生産されるようにの重要無形文化財に指定されました。

結城紬の重要無形文化財指定条件

2016y06m25d_222102772
結城紬の、重要無形文化財指定条件は下記になります
使用する糸は全て真綿より手つむぎしたものとし強撚糸を使用しないこと
絣模様を付ける場合は手くびりによること
地機(じばた)で織ること

こちらの三つがそろって結城紬と言っています。

今でも職人が丁寧に織り上げる結城紬には軽くて温かいという独特の特徴があります。

外見はとにかく素朴で落ち着いたたたずまいですが、そんな外見からは想像もできないを施して織り上げられた結城紬は、着れば着るほど着心地がよくなり、体にもなじんでいきます。

現在も真綿を手で紡いだ糸だけを使用して数多くの工程を経ることで作り上げられる結高い品質が評価され続けています。