長野県の伝統工芸:お六櫛(おろくぐし)

お六櫛は長野県は薮原で作られている長野県知事指定の伝統工芸品ですが、その発祥は特徴があります。

長野県の伝統工芸:お六櫛の伝説

最も有名なのはお六という女性の伝説です。
旅籠屋の娘であったお六は大変な頭痛持ちでいつも頭痛に悩まされていました。
ある日、お六は旅人に教えられて御嶽大権現に願掛けをしてみました。
すると「みねばり」という木で櫛を作り、その櫛で髪を梳かせば必ず治るというお告げを受ました

そこでお六はこのお告げの通りに櫛を作り、朝夕欠かさず髪を梳いていると数日のうちに治ってしまいました。
お六はこの体験から、たくさんの櫛をみねばりの木で作って旅人達に売り出したところ、旅人達の手を伝って全国へとお六櫛が広がっていったといわれています。

長野県の伝統工芸:お六櫛の種類

この伝説が真実かどうかはともかく、実際にお六櫛は享保年間には作られていたといわつ工芸品であることは間違いありません。
もともと薮原が江戸時代には中山道の宿場であったことも間違いないので、お六櫛が旅ていったというのも真実味があります。
一口にお六櫛といってもその種類は大変豊富で、両歯の櫛、片歯の櫛はもちろんのことた実用的なものから挿し櫛のような飾り用の櫛まで取り揃えられています。

目の詰まった硬い木であるみねばりの木を原料に作られているお六櫛は大変丈夫で使の技術で作られた櫛の品質には定評があります。