静岡県の伝統工芸:志戸呂焼(しとろやき)

志戸呂焼の歴史は大変古く、平安時代から鎌倉時代にかけて既に静岡県島田市金谷にて使われていたと思われる窯が発掘されています。
ただし、この頃の窯は大変古く、現在の志戸呂焼とはかなり異なった風合いのものもなくありません。

焼き物が既に焼かれていたという意味では平安時代の昔からということになりますが、
志戸呂焼として認知されたのは室町時代、美濃の陶工がこの地で焼き始めたのが始まりだといわれています。
この辺り一帯は平安の昔から焼き物が焼かれていたように、良質な陶土が産出される地から、良質な焼き物が焼かれるようになったのも当然のことだったかもしれません。
その為、志戸呂焼の生産が本格的に行われるようになったのではないかといわれています。

志戸呂焼の名が知られる経緯

志戸呂焼の名が全国に知られるようになったのは寛永年間に将軍家の茶道指南を行ったとされたからでした。
小堀遠州によって遠州七窯の一つに数えられるようになり、遠州によって茶器製造の指り、志戸呂焼は更に発展を遂げたのでした。

志戸呂焼の特徴

2016y08m14d_230358983
引用:http://kottoukan.jp/
そんな志戸呂焼の特徴は渋みのある茶人好みの味わいにあります。
志戸呂焼は、大部分が褐色または黒釉を使った素朴な釉調で、
いずれも古代色豊かな雰囲気を持っているのが特徴とされ
釉薬には鉄分を多く含む赤い石が使われ、
これが志戸呂焼の特徴を生み出す要因となっております。
天然の材料を用いて伝統の技術そのままに作り続けられています。